英語の発音、無料で練習する方法

         
無料で英語の発音練習方法を知りたくないですか?

知りたーい!!(笑)

英語の発音を練習して改善したいが、無料で練習したい!お金をかけず練習したい!
という方のために、私が考えられる英語の発音練習方法をお伝えします。

ちなみに私は英会話教室(子供、大人両方とも)をやっているものです。
授業では必ず発音練習をやっていますよ。

厳密に無料で練習とはいかないですが、今あるものでこれ以上なるべくお金をかけないでの、英語の発音練習方法をご紹介します。


世の中には沢山の英語の音であふれています。
そして、その英語の多くは無料で手に入ります。

これを発音練習に利用しない手は無いですね。
無料で手に入る英語教材での発音練習方法を紹介します。


無料での発音練習方法に必要なもの

〔砧舛納蠅貌る英語の音声

¬砧舛濃箸┐襦△△覆燭留儻譴鯱寝擦垢襪發



英語の発音練習に使う教材ですが、何でもかまいません。
英語の映画で発音練習もOK!
ネットで英語を探して発音練習もOK!
今持っている英語教材を使って発音練習もOK!

英語の音が鳴るものなら何でも発音練習に使えます!

そして、あなたの声を録音できるものを用意してください。
これも何でもかまいません。

パソコンを使ってもOK!
テープを使ってもOK!
ボイスレコーダーでもOK!

自分の英語を録音できて、それを聞くことができれば何でも発音練習に使えます!

以上の二つを無料で手に入れてください!
そうすれば、無料で英語の発音練習ができます。

(録音するときに電気代がかかる、というツッコミはなし)

参考までに無料で発音練習に使える英語の音声が手に入るサイトを上げておきます。
Randall's ESL Cyber Listening Lab - For ESL-EFL Students
Breaking News English - Free ESL Lesson Plans and Listening
English Language Listening Lab Online

ちなみに録音ですが、私はパソコンでしております。
ウインドウズに標準搭載のサウンドレコーダーというソフトを使用します。


では、英語の発音、練習方法です。

,泙此英語の音を何度もリスニング。

⊆分だけですらすら英語を発音できるように、発音練習をする

自分で発音した英語を録音、聞いてみる

ぜ分の英語の発音と、教材の英語の発音とを比べる

ト音練習をして、英語教材の発音に自分の発音を近づける(教材のまねをする)

´△任箸蠅△┐此⇔習しようとしている英語をすらすら発音できるように練習します。
自分ひとりで発音練習しても、教材と一緒に発音練習しても、教材の後に続いて発音練習しても結構です。
とにかく、1人ですらすら英語を発音できることが目的です。

すらすら英語を発音できないと、英語の発音を録音しても直すところが見つけづらいためです。

1人ですらすら英語を発音できるように練習したら、自分の英語を録音して聞いてみましょう!

初めて自分の英語を聞くという方はきっと自分の英語の発音に恥ずかしさを覚えると思います。
けど、すぐ慣れます!
逃げずに現実を受け止めて練習してください(笑)

自分の録音した英語を客観的に聞いてみることで、初めて自分の英語の発音はどんなものか認識できます。

後は、自分の英語発音と、教材の英語発音とを近づけるよう、英語の発音を練習してください。


練習時間はかかりますが、この英語発音の練習方法を繰り返すと確実に英語の発音は上達します。


英語の発音の練習教材について

上記の練習方法で英語の発音を上達させることができます。
では、発音練習の教材は要らないのでしょうか?

答えは人によっては要らない、人によっては要る、
こんな風になると思っています。

私の場合は、発音練習の教材は必要でした。
発音練習教材を通して身につけた発音は沢山あります。
カナダ語学留学を一年間経験した後だったのにもかかわらずです。

また、発音練習教材を使って、体系を立てて英語の発音を練習するのが、私には向いていたようです。

英語・英会話だけではないですが、どんな練習方法であれ
継続ということが大事になります。

英語・英会話の上達には、勉強よりも練習をすると良いですよ。
皆さん沢山知識を持っていますが、それを使う練習をしていないため、宝の持ち腐れになってしまっています。

あなたにあった英語・英会話の練習方法が見つかりますように。。

効果的な英語発音の練習方法、改善方法はこちら


発音こそが、英語ができない原因だった?

         
あなたの英語の発音に対する意見はどのようなものでしょうか?
英語を学習するにあたって、発音練習は重要でしょうか?

「発音練習?そんなの気にしなくて大丈夫だよ

「英語の発音を練習するよりも、もっと他に大切なものがあるはず

「発音練習よりも、まずはやっぱり英単語を覚えないと

「英語の発音は日本語読みでもいいんだよ

「英語の発音が上手くても英単語や文法が分からなくちゃ


以上は私が実際に聞いた意見です。

多くの方が英語を勉強(練習)するにあたって、
英語の発音は気にしない
英語の発音練習は後回し
と考えているというのが事実だと思っています。

もったいない!

そう!もったいないのです。
発音を練習さえしてしまえば、

英会話

リスニング

語学留学後の英語力低下(私の場合です)

全て改善されます。

ですから「発音練習なんて」という方を見ると、つい思ってしまうのです。
もったいないなぁ。。

これが、今の私の正直な感想です。

そんな私ですが、以前は英語の発音練習は重要ではないと思っていた一人でした。

効果的な英語発音の練習方法を今すぐ知りたい方はこちら

JUGEMテーマ:外国語学習



英語の発音練習を軽視していた語学留学時代

         
今でこそ、英会話教師としてやっている私ですが、以前は英会話が全くできませんでした。

学校の教科としての英語も苦手でした。

そんな私も「英語を話す:英会話」ということに、とても興味を持ち、何とかして英会話ができるようになりたいと思うようになりました。

そして、英会話の練習に一番手っ取り早い方法として、カナダへの語学留学を選びました。


カナダ語学留学の前から、英会話に興味を持っていたので、英語の発音はできる方でした。

いや、英語の発音はできると勘違いしていただけでしたね(笑)
発音練習もしていないのに。。

実際、英単語を覚えるときも、発音できない英単語は覚えられませんでしたし、英語を読むという事もやっていました。
学生時代、発音問題だけは得意で、自然と発音記号も読めるようになっていました。

それでも、英語の発音ができると勘違いしていただけなんですね(笑)
発音練習もしていないのに。。


実際にカナダに語学留学をしてみても、英語の発音の勘違いは続きました。
「周りにいる日本人よりは英語の発音できている」
本当にそう思っていました。

英語の発音について、そんな風に考えていたので、自分で自分の英語の発音を練習しようとも思いませんでした。

英語は話せるが、英語が通じない?



カナダの語学留学が数ヶ月過ぎると、なんとなく英語を話せるようになってきます。

英語の発音についても全く問題なく、語学留学生活が過ぎていきます。

英語の学習は続けてますが、やはり発音練習はしていませんでした。

何も問題ないカナダ生活、英語の発音練習をする必要性が無いですからね。


しかし、語学学校の成績のうち、英語の発音という項目があるのですが、それがとっても悪い。

5段階評価で2です。

その他の項目、英文法や英単語などは4・5なのに。。。


更に「おや?」と思ったのが、語学留学の最後の方、もう英会話にも慣れた頃です。

ふと、学校以外でカナダ人と会話をすると、英語が通じないのです

学校での英会話は問題なし。
ホームステイ内でも難なく英語で過ごしていました。

つまり、英語はそこそこ話せるようになっていたのです。

それでも、英語が通じないのです。


今考えると、発音の問題なしで、英会話ができたのには理由があったのです。

私がその時に英会話をしていた相手が、語学学校の先生やスタッフ達、ホームステイの家族がほとんどでした。


彼らは、いってみればリスニングのプロです。
どんな発音をしようとも、がんばって理解しようと聞いてくれます。
そして、どんな変な英語の発音でも聞き取れてしまいます。
もう慣れていますからね。

海外に語学留学をしても、実際に英語を使う相手は意外と制限されてしまいます。

そうすると、発音練習をしなくても、全く問題なく英会話ができてしまいます。


しかし、英会話をする人全てが、そういったリスニングをしてくれるわけではありません。

私が話しかけると、ほとんど聞こうともせず、
「無理無理、分からないよ」
そういう人もいたのです。
こちらが英語を話しているのにも関わらずですよ。
私の英語を聞いた瞬間に、もう聞こうともしないのです。

こういった例は相手がひど過ぎるとも言えますが、こちらにも問題があったのです。

英語が話せるのに通じない。
なんだかとっても悔しかったのを思えています。

それから、英語の発音を練習をしていこうと意識するようになりました。


英語の発音の救世主

         
英語の発音をどうにか練習したい!

そう思ってから色々と努力しました。

語学学校の先生に私の発音の悪いところを聞いて、何とか直そうと練習もしました。

しかし、どうもしっくりくる発音練習がありません。
自分の発音が変わりません。


英語の発音を改善したいと思いながら、発音の練習方法が分からないでいたのですね。


そんな時に一人の日本人が、私が通っていた語学学校に入学してきました。

その時の衝撃は今でもはっきり覚えています。

明らかに英会話初級者な女性。
英語を話すのも、まだ慣れていなく、ゆっくり、しどろもどろです。

しかし、私とは完璧に違うところがありました。

もう違いはお分かりですね?

はい、英語の発音が抜群に良かったのです

語学学校の先生に聞いたところ、その女性の発音は完璧だといっていました。


その女性に興味津々の私。
早速、お友達となり、聞いてみました。

「(英語で)発音が凄くいいよね?どんな練習方法で発音を身につけたの?」

はじめははっきり練習方法を教えてくれなかったのですが、私がしつこく聞くと教えてくれました♪

UDA式30音「英語の発音」トレーニング


これで留学前に発音練習をやってきたと教えてもらえました。

発音練習の効果



英語の発音を練習すると、どういった効果があると思いますか?

もちろん、英語の発音が良くなりますね(笑)
しかし、発音練習の効果はそれだけではないのです。

リスニングも良くなります。
総合的に英語の力が上がります。
英語の学習がしやすくなります。
英語が楽しくなります♪

英語の発音が物凄く良いその女性から聞いた、UDA式30音トレーニングDVDを知ったのは、もうカナダでの語学留学が終わる直前でした。

海外でUDA式30音トレーニングで発音練習する機会は無かったため、日本に帰ってから早速UDA式の発音練習方法を行ってみました。

実際にUDA式30音を使って英語の発音を練習していくなかで、
英語の発音が良くなると、どんな効果があるか分かってきました。


語学留学を終えて一番心配していたのが、日本に帰ってからの英語力の低下です。

しかし、発音の練習を始めてから、その心配はなくなりました。

日本に帰ってからは、発音練習以外のことはしていませんが、英会話の能力は維持できていると思います。

リスニングにいたっては、カナダに語学留学をしている時よりも、能力が上がっていると思います。

映画を見ても、カナダに語学留学をしている時よりも、発音を練習したため聞き取れるところが多くなっています。


発音練習をすると、、

英語が通じる

リスニングが良くなる

自身を持って英語を話せる

英語の学習が楽しくなる

総合的に英語の力が上がる
(文法の勉強をしてもリスニングが上がります)

発音を練習すると、英語が楽しくなる。
これが最高ですね(笑)

そんな英語の発音の効果的な練習方法を知りたくはないですか?


英語の発音の効果的な練習方法はこちら




英語の発音練習についての質問集



私が実際に受けた発音についての質問をまとめました。

中学生、高校生のうちは、英語の発音を練習する必要は無いのでは?

確かに英語の発音を直接問われることは、中学生、高校生のうちはないと思います。
しかし、英語を聞くというリスニングの能力は必要になってきます。

リスニング能力を上げるには、英語の発音の練習をするのが一番楽で楽しいと思っています。

また、英語の発音を練習しておけば、学校で習う文法中心の英語でも、英会話に応用できるようになります。

何よりも重要なのが、英語の発音練習をしっかりすると、英語をしっかりと読めるようになります。

教科書が読めないと、英語は身につきません。

英文を読む(英語を練習する)というだけで、英会話、リスニング、という能力もついでに上がります。

何より、発音が出来ると、英語が楽しくなりますよ♪


もっと英単語や英文法を勉強してからでも、英語の発音練習は遅くないのでは?

英語を勉強し始めたばかりで、発音練習までやっていられない。

その気持ちも分かります。

そして、英語の発音練習は後回しでも大丈夫なのも事実です。

私は、ある程度の英語のレベルになってから、英語の発音を練習しましたので。


しかし、私の意見では、英語の発音はなるべく早く練習したほうが良いと思っています。

その理由としては、
英語の発音は、ほかの英語の能力に比べて、練習さえすれば習得するのが簡単
というものです。

英語の能力とは、それぞれにリンクしています。

英語が聞ければ、英語が発音できる。
英語が発音できれば、英語が聞ける。

これらは、ある意味真実です。

では、どちらの能力が上げやすいかといえば、断然、英語の発音です。

リスニングはなかなか上達しませんが、英語の発音の上達は早いです。

しっかり繰り返し練習すれば、2〜3ヶ月で英語の発音は十分ではと思っています。

発音練習により英語発音が上達すれば、リスニングは飛躍的に上達します。


早い上達が期待できる英語の発音練習。
早めに発音を練習しておけば、その他の英語の能力の上達に非常に有利になります。


英語発音の効果的な練習方法を紹介



英語の発音は語学留学では身につかない

         
語学学校の先生は、どんな発音でも聞き取ってしまう、リスニングのプロです。

そんなリスニングのプロである語学学校の先生たちは、生徒に発音をあまり教えてくれません。

なぜなら、語学学校の先生にとって生徒の発音は問題にならないからです。
生徒の発音が分かってしまうのですから。。


「英語の発音は留学しないと身につかない」

私はそうは思いません。

ただ留学するだけでは、英語の発音は身につきません。

英語の発音について、自分で気をつける必要があります。

さらに、発音に気をつけていても、発音はなかなか身につきません。

私は、カナダへの語学留学中、英語の発音には気を使っていました。
しかし、私の英語の発音の評価は5段階で2でした。
その他の文法や単語は高い評価です。

気をつけるだけではなく、自分で練習しなければ発音は身につかないのです。

英語の発音を完璧に練習する必要は無い。そもそも完璧は不可能だから。



英語の発音は、何も英語のネイティブスピーカーと同じになるように練習しなければいけないのではありません。


日本人が英語を話す上で必要なのは、

英語と日本語との発音の違いを確認する。
そして、その発音の違いを練習する。

例えば、、

but bat

これらの単語は日本語のカタカナで書くと

バット、バット

となります。

こうなると、発音の違いはなくなってしまいます。

これでは、英語の発音練習が出来ていない、となってしまいます。

but bat
これら英単語の発音をきちんと練習して言い分けられていればいいのです。
練習によって言い分けられていれば、聞き取れるものです。

そのときに、完璧にネイティブの方と同じように発音しようと練習する必要はありません。


なぜなら、英語の発音には沢山の種類があります。

アメリカで話されている英語と、イギリスで話されている英語とは、発音が違います。

発音練習を始めると分かってくると思いますが、本当に違うんです。

それでも、英語は英語。何も問題ありません。

発音が違っていても、英語の発音としてしっかり使い分けがなされているからです。


英語の発音というのを意識しないで、日本語に当てはめて英語を発音していると、英語が通じない、英語が聞き取れないということが起きてきます。

日本語っぽい発音でもいいのです。
それは単なる日本語訛り。
しかしながら、日本語ではないのだから、しっかり英語の発音として使い分けをしなければなりません。

その為には発音練習しかないですね。

英語を効率よく学ぶためにも、
英語を楽しく学ぶためにも、
英会話習得のためにも、

発音練習は重要です。


効果的な英語発音の練習方法、改善方法はこちら



「英語の発音練習方法」 コメント、トラックバック大歓迎

         
コメントしていただけたら嬉しいです。

コメント・トラックバックはこちらから

トラックバックについて
当ブログでは、トラックバック大歓迎です。

特にトラックバック、お気軽に送信ください。
トラックバック送信の際は当ブログへのリンクをしていただけると嬉しいです。

嬉しいだけですので、強制ではありません。
どしどしトラックバックくださいね。

トラックバックURL
http://pronunciation.jugem.jp/trackback/2


要練習の英語発音 子音

         
英語発音の練習方法では、まず一番はじめに英会話で必要な発音を身につけていきます。
英会話に必要な発音とは、日本語で発音すると全く違うカタカナの発音で置き換えられてしまうものです。

カタカナで表記されるものの中には、英語の発音は違うものなのに、カタカナだと同じになってしまうものもあります。

これらの英語の発音は、練習しないとなかなかカタカナ発音から抜け出せません。

気になる練習すべき英語の発音を見ていきます。


"th"
これは有名ですね。
"th"の発音はカタカナ発音だと、サ行に置き換えられます。
これにより、"s"の発音と違いが全くなくなってしまいます。
(ちなみに"s"の発音は日本語のサ行とは違う発音方法になりますので、ご注意を)

"th"の発音は、特に
"I think 〜"というフレーズで良く使います。
英会話では必須の表現ですね。
自分がどう思っているか意見を言うときはもちろん、物事を丁寧に言うときにも使えるという使用頻度の高い英会話表現です。

"I think" の"th" の発音を"s" にしてしまうと、"I sink" になります。

"I sink" だと溺れてしまいますよ(笑)

"th" の発音は練習さえすれば、すぐに正しく発音できるようになります。
その正しく発音できるようになった後、更に練習を繰り返し、英会話の中で自然と"th"の発音ができるようにならないといけません。
それには発音練習しかないですね。

"I think" の表現は英会話で何度も使うと思いますので、これだけでも絶対に正しく"th"を発音すると決めて意識するといいでしょう。

他にも"th"の発音を使った、頻出英会話表現がありますね。

Thank you!
これも"th"の発音を癖にしてしまいましょう。


"R L"
R L この二つの発音も有名ですね。
二つとも、カタカナ発音にすると、ラ行で発音することになってしまいます。
英語では表音文字であるアルファベットを使っているので、違う文字なのに同じ発音をするというのは、基本的に間違いになります。

日本人はご飯が好きですよね。
白いお米の事です。
お米は英語で"rice"ですが、このときの発音を注意してください。
うっかり"lice"になってしまうと大変です。
I like lice. になってしまいます。

"lice" は"louse" の複数形となります。
"louse" の意味をご存知ですか?

意味はシラミ。
髪の毛などにつく害虫です。
I like lice.であれば、まだ昆虫大好き人間で通りますが、
I want to eat lice. はもうどうしようもありませんね(笑)

ちなみに、、、
日本語のラ行と、英語の"r l"の発音、どの位違うものなのか、語学学校の先生に聞いてみました。

私が普通に「ラリルレロ」とカタカナで言うと、"d"の発音と似ているそうです。。
「D(ディー)??」と思った方も多いと思いますが、英語の発音をしっかりした練習方法で練習した後ならば、その理由が分かります。
確かに、"d"の音に似てるのです。

もしくは、"R"と"L" 二つの中間みたいな発音、そういう意見もありました。

"R" の発音ばかりを気にして"L" の発音を気にしない人もいると思います。
しかし、"L" の発音は日本語のラ行の発音とは似ても似つかないものです。
特に英単語の終わりの"L" の発音は日本語には全くない発音になるので練習が必要です。
正しい練習方法で、"R""L"両方の発音を身につけましょう。


"s"
「日本人が一番発音できてない英語の音は"s"だ」
と言う人は少なくありません。
これには私もびっくりしたのです。

しかし、実際に"s"の発音を練習して納得、なめていると正しく発音できません。

また、"s"の発音ができると、英語の発音とは何かがすんなり分かるようになります。
英語の発音と、日本語の発音とには違いがあるのだなと理解できるようになります。

"s"の発音を練習すると、英語の音声を聞いているときに""の音がすっごく耳につくようになります。

これは練習しないとなかなか身につかない発音です。

私が行っている英語発音の練習方法はこちら
効果的な英語発音の練習方法


英語の発音とリスニング
DVDを見ながら口真似をするだけ!
簡単な方法で、発音の習得方法を紹介しています。
カタカナ汚染度テスト
リスニングクイズもあり。

英語の発音とリスニング、ホームページへ
リンク集です
完璧な発音ができれば、英語が通じないはずない!【効果がなければ完全返金!】
スギーズこと杉本宣昭さんのページです。

【音声付】英語ビギナーでも3ヶ月でTOEICや英会話上達を実感する勉強法
これを読んだ英会話の先生や帰国子女やカナダ人先生までも絶賛した英語勉強法
無料メールマガジンで勉強できます

英語上達の秘訣と留学成功マニュアル
留学成功の秘訣は?なるほど納得です。

現役英語講師が教える「らくらく英会話上達法」
えっ、留学経験なし?
疋津恵美子さんのページ

英会話教材英語教材比較ランキング
英会話教材を分野別、目的別にランキング非常に選びやすくなっています。また教材の活用法なども解説!

子供英語教材幼児英語教材比較ランキング
子供英語教材幼児英語教材を年齢別にランキングにしました。子供の英語学習法アドバイスも充実しています。

英語学習サイト!〜英会話教材・TOEICも解説!
英語学習の方法について解説!TOEICの解説はパート1から7まで戦略的に解説!

スピードラーニング効果を評価!英会話教材英語教材
スピードラーニングを中心にして他の英会話教材を評価、解説!
相互リンク大募集
当サイトは相互リンクを募集しております。相互リンクしていただける方はコメントでご連絡ください。

コメントはこちらから
others
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM